ガジェット

Airpods pro レビュー

Airpods pro

新型AirpodsであるAirpods 3では、アクティブノイズキャンセリング機能や耐汗・耐水機能が搭載されました。

アクティブノイズキャンセリング(NC)はオンにすれば周りの雑音をかなり軽減できる優れものです。

また、デザインも大幅に刷新されました。

今までのAirpods1,Airpods 2では、うどんのような感じが苦手で購入を見送っていた僕ですが、今回は迷わずポチってしまいました。

今回は、新型Airpodsについてレビューします。

 

Airpodsのスペック

Airpods pro(3世代)Airpods 2 wirelessAirpods 2 normal
アクティブNC対応非対応非対応
耐汗・耐水対応非対応非対応
チップサイズS/M/L1種類1種類
形式カナル型従来の型従来の型
充電方法Qi,LightningQi,LightningLightning
バッテリー持続時間4.5時間5時間5時間

 

10月30日に発売されたAirpods pro。

今までAirpodsのデザイン性やコスパに疑問を思って買わなかった僕ですが、今回はデザイン・スペックを見て購入を決めました。

 

 

同梱物

  • Airpods pro
  • Wireless Charging Case
  • シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
  • Lightning-USB-Cケーブル
  • マニュアル

 

デザインの変わったAirpods pro

装着しました

Airpods 装着

5.4gなので、とても軽いです。

 

Qi規格のWireless対応のCase

 

3サイズのシリコン製のイヤーチップ

最初はMサイズがつけられています。

Airpods チップ
しおん 20代男性
しおん 20代男性
Mサイズでぴったりでした

 

Lightning-USB-Cケーブル

 

Airpod自体を買うのがはじめてなので、当然ペアリングも初めてです。

Apple製品に近づければ、すぐペアリングできました。

しおん
しおん
Bluetooth5.0対応なので、接続の感度も良さそう 

 

ペアリングには、OSが最新の状態であることが必要です。

iPad OSや、Mac OS catelina、Watch OS、iOS 13など、OSを最新の状態にアップデートしてからペアリングをしましょう。

もし、自分の持っている機器が、最新のアップデートに対応していない場合は、一部機能が制限された状態でペアリングされます。

最新のOSにのみ対応

 

 

アクティブノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング(NC)とは、周囲の雑音を遮断するシステムです。

Airpods proで搭載されたアクティブノイズキャンセリングでは、外向き・内向きの不要な音を除去します。

外・内向きそれぞれのマイクロフォンが不要な音を除去します。

外部だけでなく、内部からの音も除去するのは優秀ですね。

オンにすると、カフェの周囲の音や、キーボードのタイプ音までもあまり聞こえなくなりました。

しおん
しおん
HHKBがセルフ静音化された…

 

アクティブイコライゼーション

アクティブイコライゼーションは、耳の形に合わせて音を自動的に調節

しおん
しおん
高音質が期待できそうです

 

耐汗・耐水性能

今回のAirpodsからは耐汗・耐水性能が加わりました。

  • Apple Watchをつけながら、ランニング
  • 出先で移動しながら

というような使い方をするなら、少々の耐汗・耐水機能は欲しいもの。

 

AirPods proでは、IPX4等級の耐汗・耐水機能を備えています。

IPX4等級は、水の飛沫に対しての防水機能です。

雨や汗、水道や風呂の水が多少飛び散った程度は防いでくれます。

しおん
しおん
お風呂での使用も安心ですね。

充電ケースにはないので、気をつけましょう

 

チップサイズ

シリコーン製イヤーチップはラージ、ミディアム、スモールの3種類があります。

初期の状態ではMサイズのイヤーチップがついており、S,Lサイズが付属としてついてきました。

AirPods チップ

通常のイヤホンは1サイズのみですが、耳の形は人によって違うため、初期の状態のイヤホンが合わないということもあります。

サイズが合わなかったら高いお金を出して買ったのに、つけるたびに「合わないな」とおもうのはしんどいですよね

 

形式

今回からイヤホンの形式も変わりました。

多くのイヤホンで取り入れられているカナル式。

Apple製品についてくるイヤホンはカナル式ではありませんが、僕が別で使っているMPOWのイヤホンもカナル式なので違和感なく使えそうです。

 

充電方法

Airpodsと違い、全てがQi規格のワイヤレス充電に対応しました。

Qi規格の充電器を持っていれば、おくだけで充電ケースを充電できます。

 

また、付属の充電ケーブルでも充電できます。

今回から充電ケーブルが、Lightning—USBケーブルから、Lightning—USB-Cに変わっています。プラグに挿すバッテリーの部分は付属していないので、iPad pro 3世代やMacのものを流用しましょう。

ない場合には、Lightning—USBケーブルを用意して繋ぐと充電できます。

 

バッテリー持続時間

Airpods本体のバッテリー持続時間は、4.5時間と若干短くなっています。

機能が多くなった分バッテリーの消費が激しいのかもしれません。

アクティブキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにすれば、5時間は持つそうです。

 

ケースの充電容量も満タンにしていれば24時間以上使えます。

スイッチで簡単操作

イヤホンの軸部分の感知センサーで、簡単に操作ができます。

Airpods イヤホン
  • 1回:再生、一時停止、電話に応答
  • 2回:次の曲にスキップ
  • 3回前の曲にスキップ
  • 長押し:アクティブノイズキャンセリング⇄外部音取り込みモードの切り替え
  • 「Hey Siri」 曲の再生、電話の発信、毛色のチェックなどの操作が可能

長押しは特に重宝しそうですね。

 

Airpodsは買いか?

アクティブノイズキャンセリングを搭載して、飛沫の耐汗・耐水に対応した新型Airpods。

値段自体は従来のものより高くなっており、もうiPadが買えそうな金額になっていますが…

最高の環境で音楽や通話を楽しむなら買いだと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580
(2020/07/07 21:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Publisher Website!