iPadガジェット

【iPad購入者必見】iPadにおすすめなガジェット

iPadを購入したら、iPad周りの製品を揃えましょう。

iPadを買った後、そして買うときに購入を検討するのは

  • iPadケース
  • iPadフィルム
  • Apple pencil

の3つです。

今回は、iPadのオススメな装備についてご紹介します!

Apple Pencil

まず、iPadの初期装備として、思いつくのが、Apple Pencil だと思います。

2018年のiPad、第1、第2世代のiPad pro ⇨ 第1世代のapple pencil

第3世代のiPad pro ⇨ 第2世代のapple pencil

がそれぞれ対応しています。

それぞれ対応していないものでは、使用することができないので注意してください。

Apple pencilは一部では、”高い” “必要がない”と言われることがあります。

しかしながら、勉強をする上で、とりわけ、医学の勉強には、必要です

これは goodnotesやnotabilityなどで書き込むときにapple pencilほど綺麗に書き込みができるペンがないからです。

アプリについては以下も参考にしてみてください

iPad勉強におすすめのアプリ-2020年最新版-iPadを使ってデジタル化勉強をするときに必要なアプリについて紹介しています。ノート作成アプリ、PDFリーダー、クラウドアプリ、分散型学習用のアプリなどiPadには便利なアプリがたくさんあります。...
しおん
しおん
Apple pencilは絶対に購入しましょう

本体のケース

iPadのケースはiPadを保護するために重要です。

ケースは主に2種類あります。

3点式でiPadスタンドとなるもの

Apple pencilの収納場所があるケース

 

まずは、Apple pencilをどこに収納するかという点です。

第2世代のapple pencilは、本体にくっつきますが、第1世代では、本体にくっつかないため、そのまま入れておくとどこかへ行ってしまいます。

このため、第1世代のApple pencilは

  • iPadのケースに入れる
  • iPadが収納できるバッグのポケットに入れる
  • ペンケースに入れる

など収納場所を考える必要があります。

 

本体が丸いため、傾斜があるところでは転がってしまいます。

これは半分くらいどうしようもないことなのですが…

キャップも磁石でついているだけなので、ぶっ飛ばすとどこかへ行ってしまいます。

そのため、僕は、apple pencil用のキャップをつけ、まず、キャップをどこへも行かないようにした上で、巻き物式の筆箱にいれて保管しています。

このキャップをつけることで転がらなくなるし一石二鳥なんだよね

でも、実際これって邪道だと思うんですよね。

Apple pencil片付ける場所どうしよ……
せや、ペンなんだから、ペンケースに入れればええんや!!

みたいな。

巻物のペンケースを使っている人以外はこの手法は使えませんし、なんなら今まで出会ってきたiPadユーザーの中でこのやり方をしていたのは僕だけです。

 

では、それ以外にオススメの方法を紹介します。

布のバンドで、iPadのケースにくっつけることです。

これだと大体どのようなケースを選んでも使えるので便利ですね!

ちなみに、たしかに、ケースに直接apple pencilをはめこむところがある商品もあります。しかし、そのほとんどは、さっき述べたキャップをとめるものを使うことができません。

では、これを念頭に置いた上で、ケースのオススメを紹介します。

純粋なケース

ケースといわれ、真っ先に思い浮かぶのは、これかもしれません。

3つ折りすることができるので、立てることができ、タイプモードなるものにもすることができます。

安いものが多く、またデザインも豊富です。

とりあえず、困ったらこれを選ぶのが良いかもしれません。

片面だけのケース

Smart Keyboardなど、iPadの片側だけを覆うケースもいくつか存在します。

片側だけを覆うケースを買うメリットはそれほど感じられません。

しかし、smart Keyboardを使う場合には、背面を何かで覆わなければいけません。

このタイプのケースで注意すべきことは、表側のケースに干渉しないものを選ぶことです。

そういった場合に活躍するのが、このタイプのケースです。

僕は、Smart Keyboard を利用しているため、透明な背面のケースを利用しています。

キーボードつきのケース

前項でも述べたように、Keyboard つきのケースを利用する人は僕を含め、僕の周りで複数人います。

keyboard 付きのケースでは、いつでも持ち歩けるというメリットがありますが、その反面、apple pencilが使いづらくなる、そもそも総重量が重くなる。キーボードを使わない場合邪魔であるなどといったデメリットがあります。

そのため、smart keyboard 以外のキーボード付きケースはオススメできません。

後に述べるキーボードの項目でも紹介します。

keyboard

Keyboard を、ケースと別で買うか、ケースと合わせて買うか、買わないか、ということは、非常に迷います。

文字を打つ機会が多い人はキーボードを買うことをオススメします。

僕自身、別のバイトでブログの執筆をしたり、レポートやまとめノートをとったりなどと文字を打つ機会が多くあります。

特に、まとめノート、勉強の内容を打ち込む場合には、重宝することになるかもしれません。

書き込むのではなく、ここは文字を打ちたい…という場合にはKeyboard を利用するべきです。

iPadの画面で直接入力することもできますが

  • 画面の一部をタイプ画面が覆ってしまうこと
  • タップすることによる手の疲れ
  • カーソルを手で合わせる

といったことから現実的ではありません。

また、keyboardではショートカットキーが利用できるため、様々な動作を画面に触れずに行なうことができます。

では、どのようなキーボードを購入すべきなのか。

Smart Keyboard

まず1つ目に思い浮かぶのは、smart keyboard だと思います。

iPad pro を使用する場合には、これを使うことができます。
追記
iPad Air 2019でも使用可能になりました。

また、給電や接続が本体の側面につけるだけという手軽さもオススメです。

しかしながら

  • iPad 2018では使用できない
  • 値段が高い

 

といった理由から、Smart Keyboard を利用しない人はいます。

 

Bluetooth

smart keyboardを買えない、買いたくない。

 

そんな人には、bluetoothで接続できるkeyboard をオススメします。

Blue toothによってペアリングすることによって、使うことができます。

キーボード自体の給電には、

  • 電源式
  • 充電式
  • 乾電池式
    の3つがあります。

電源式では外部で使えないので、今回は選択肢から外します。

充電式、乾電池式の選択は好みだと思います。

充電に慣れている人は充電式を、乾電池を入れれば済むものを好む場合は、乾電池式が良いと思います。

乾電池式では、当然のことですが、乾電池の分だけ重量が増えるので注意する必要があります。

フィルム

最後にフィルムについて説明します。
フィルムは大きく分けて、2つあります。
ガラスフィルムとペーパーライクフィルムです。

ガラスフィルム

一般的にスマートフォンに使用しているものがガラスフィルムと思ってもらえればいいです。

メリット

貼りやすい
画面が綺麗に見える

デメリット
画面がつるつるしている

 

といった特徴があります。

このデメリットは、apple pencilを使う上で鍵になります。

ペーパーライクフィルム

表面がツルツルしている場所に書き込むのは
いくらapple pencilであっても難しいです。

そんな場合に活躍するのが、ペーパーライクフィルムです。

ペーパーライクフィルムは、フィルムがでこぼこしているため、滑り止めが効いたようになり、書きやすくなります。

デメリットとして、画面が見づらくなるなどがあります。

しかしながら、apple pencilを使用する人にとって、このフィルムを使うかどうかは、書き込みの効率や精度を大きく左右する要因になるでしょう。

 

https://yurudream.com/2019/07/18/ipad-film/

以上が初期設定の装備品になります。

どんなものを使うのが自分にとって良いのかよく考え、効率の良く物事をこなせる充実した環境を手に入れてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Publisher Website!