設定と機能

iPadをサブディスプレイ化する方法

iPad OSになり、ますます高性能となったiPad。

iPadは、パソコンのサブディスプレイとしても使えます。

パソコンでのアプリを使用して、液タブとして使ったり、ノートパソコンと並べて外出先で2画面にもできます。

本記事では、iPadをサブディスプレイ化する方法を紹介します。

 

iPadをサブディスプレイ化する方法は

  • sidecar
  • luna display
  • duet display

の3つがあります。

 

金額パソコン接続方法画質Mac Touch Bar
side car0円Mac限定有線 /Bluetooth
luna displayMacWi-Fi
duet display1200Windows、Mac有線/Wi-Fi

 

sidecar

sidecarは、Apple社純正の機能です。

なんと言っても最大の特徴はMacとiPad以外何も要らないことです。

Macのパソコンを持っていて、iPadに2画面表示したいなら、sidecarの導入を考えると良いと思います

しおん
しおん
無料だし、試しやすいよね

sidecarはApple社から提供されている機能だけあって手軽で高性能です。

ただし、sidecarはいいことばかりではありません。

sidecarのデメリットは制約が多いことです。

 

使用条件

同一のApple IDでログインしているMacとiPad

Mac OS catalina以降のMac

iPadは、Apple pencil対応の機種

 

しおん
しおん
うーん、多いなあ

つまり、最近のMacとiPadの組み合わせしか利用できません。

また、同じApple IDでログインしていないと使えないということは、友人のパソコンやiPadを使えません。

自分で新しいMac・iPadを持っているなら、1番手軽でおすすめです。

 

sidecarの設定の仕方

Sierra以降のverのMacにおいて、設定をすれば使えます。

AirplayでiPadに表示するを選択

 

side carを利用すればiPadの画面にサイドバーやtouch barが表示されます。

サイドバーやtouch barでは直感的に操作が可能。

邪魔な場合にはMacでside carの設定から非表示にできます。

ディスプレイの配置表示より、Macの右にするか左にするかを変えられる。

luna display

luna displayを使えば、MacのディスプレイをiPadをサブディスプレイとしたり、iPadに画面を映したりできます。

luna displayをパソコンに挿せば、ワイヤレス接続でiPadに画面を写せます。

しおん
しおん
コードが要らないのはラクだね

LIQUID Technologyを用いていて、Airplayよりかなり速いです。

60フレーム/秒のラグフリー パフォーマンス。

高性能なモデルだね。

luna displayは、sidecarと同じくMac OSのパソコン限定ですが、

  • Mac-to-iPad Mode
  • Mac-to-Mac Mode
  • Headless Mode

受信側(セカンダリ)のiPadは「iOS 9.1」以降のOSが必要です。

Mac-iPadというsidecarの組み合わせだけでなく、新しいMacのサブディスプレイとして古いMacを使う。

Mac miniやMac proのディスプレイとしてiPadを使う。

というような多様な使い方ができるのが、luna displayの特徴です。

また、sidecarよりも対応しているOSの範囲が広いので、少し古いMacやiPadを再利用できます。

接続方法

ドングリと呼ばれる本体を指して、連携します。

ドングリを刺すのは、プライマリーと呼ばれる発信側です。

種類は、USB-C・ミニディスプレイポートの2つがあります。

Wi-Fi経由ですぐに連携できます。

 

無線から有線に切り替え可能

luna displayは有線接続にも対応しています。

Wi-Fiが利用できない環境ではUSBを接続すれば、セカンドディスプレイとして使用可能です。

duet display

duet displayが他の2つと違うのは、Mac OSのパソコンだけでなく、Windowsにも対応していることです。

Windowsのノートパソコンを持ち歩いている人は、duet displayを使えば持ち運びできる2画面PCの作業環境を手に入れられます。

2015年にリリースされてから有線のみに対応。

しかし、有料版では、無線接続にも対応しています。

Sierra以降のMacでは、iPadにタッチバーが表示されます。

パソコンのアプリでは

  • ディスプレイ配置
  • 接続速度
  • 解像度変更

が選択できるので条件に合わせて調節できます。

有料版

有料版には、Duet airと、Duet proの2つがあります。

Duet Air

wireless display

Remote display

初回だけはケーブル(有線)でつなぐ必要がある

 

Duet pro

色彩、筆圧などの補正

Apple pencilの傾きや筆圧の感知にはDuet proへのアップデートが必要

 

Apple pencilの特性を生かして、デザインにiPadを使うなら、Duet pro以外の選択肢がありません。

ただ、筆圧感知が必要ないなら、有線接続か無線接続か、どちらで繋ぎたいかで決めると良いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Publisher Website!