iPad

Apple pencil2の設定でgoodnotesがさらに便利に?

iPadを勉強にバリバリ使っているしおんです。

iPadを使うなら真っ先に使いたいアプリgoodnotes。

このgoodnotesは、Apple pencil2の設定をすることで、ツールの変更が便利になります。

Apple(アップル)
¥15,286
(2020/10/22 21:58:32時点 Amazon調べ-詳細)

 iPadの設定にApple pencilが出現

Apple pencilの2世代には、側面の充電部分を2回タップすることでツールの変更ができる機能が追加されています。

このツールの設定はgoodnotes上の設定ではなく、iPadの設定です。

設定アプリを開くと、一般、コントロールセンターなどの下にApple pencilという項目があります。

開くと、ダブルタップによりツールをどのように変えるかカスタムできるようになっています。

この設定はgoodnotesだけではなく、ノートアプリ全体に適応されるので、メインのノートアプリに合わせていつでも変更できます。

このツールのカスタマイズは3種類があります。

  1. 現在使用中のツールと消しゴムの切り替え
  2. 現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え
  3. カラーパレットを表示
  4. オフ

オフまで入れると4種類に設定できるようになっています。

現在使用中のツールと消しゴムの切り替え

ノートアプリやメモなどで記入する時には、ペンと消しゴムのみしか使わないという場合もあります。

消しゴムを使う比率が高い時には、この設定をすることでApple pencilに触るだけで消したいときに消しゴムにツールを変更できます。

また、goodnotesの消しゴムの設定で、自動選択解除をすることで、画面に触らずにボールペンと消しゴムを使い続けることができます。

 

現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え

goodnotesには、ボールペン・消しゴム以外にも、蛍光ペン、投げ縄、画像、テキストなど様々なツールがあります。

Apple pencilを使うなら、蛍光ペンや投げ縄ツールも頻用します。

ボールペンと消しゴムを含めた4つを使い分けるなら、こちらが便利です。

書き込みや蛍光ペンを引いて、投げ縄を…と切り替えるのは、毎度画面で切り替えます。もし、前に使ったツールと同じツールを使うなら、Apple pencilを2回タップすれば画面に触れることなくツールの変更ができます。

 

カラーパレットを表示

このツールはgoodnotes5ではあまり使われないかもしれません。2回タップをすることで、現在使っているペン・蛍光ペンのカラーパレットを表示します。

カラーパレットとは色の変更画面です。基本となる黒に加えて、赤や青、赤シートを使う人には赤シート用のオレンジなど、ボールペンだけでもいくつもの種類の色を使います。また、蛍光ペンでも緑や黄色、青、赤、灰色など何種類もの色を使います。

goodnotes5では、ツールバーにカラーパレットが3種類のみ設定できるため、カラーパレットを開く機会はありません。しかしそれ以外のノートアプリや、goodnotes4では、色の変更をするときはカラーパレットを開く必要があります。

カラーパレットを開くのに画面を触る必要がなくなるので、色の変更がスムーズに行えます。

 

オフ

使わない時にはオフにすることもできます。

Apple pencilの2世代のダブルタップの感知機能はとても高いので、ダブルタップをすれば弱い力でも反応します。

そのため、必要ない時にはオフにしましょう。

 

Apple pencil 2はiPad pro 2018専用

Apple pencilの2世代のこの機能は非常に便利ですが、1つだけ欠点があります。

それはiPad pro 2018である3世代でしか使えないことです。

これ以外のiPadにはApple pencilの設定画面はありません。

 

Apple(アップル)
¥15,286
(2020/10/22 21:58:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Publisher Website!